島田紳助

枕営業の告発をされたことは,もうあまり話題に上らなくなった。でも思い出したので,島田紳助のことをつらつらと書きたい。ファンでもアンチでもなく,少し嫌いという程度。

 

古い話だが,自分にとっては,紳助の人間マンダラ

紳助の人間マンダラ - Wikipedia

という番組が彼を象徴している。この番組の「愛のデートマンダラ」というコーナーは,「モテナイくん」と呼ばれる風采の上がらない男性が彼女を作ろうと奮闘する様子を面白おかしく取り上げるという内容だった。テレビの力を借りて街でナンパさせるところから始めて,何とか会話に持ち込ませるのだが,上手くいくはずがない。無論,上手くいかないことを見越してお笑いに変えているのだった。多分,斬新な趣向だったと思う。まだ半分子供だった私は何回かは単純に喜んで見ていたものの,自分自身が色々と経験を積むにしたがって,心に引っかかる部分が膨らんだ。

 

「モテナイくん」には,一風変わった人が目に付いた。女のマネキンに服を着せる(脱がせるだったか?)という気持ち悪い芸を披露する人もいた。高学歴かつ変人である場合も多かった。その方が揶揄しやすいので積極的に採用したのだろう。

・・・なぜのこのこ出演しに来たのか,というのは謎だが。

 

紳助の考えでは,彼らは親に甘やかされてきたからそうなった,とのことだった。高学歴の場合は,それにプラスして勉強だけさせられて良い子良い子されてきた,という感じか。紳助がプロデュースしたモテナイくんの歌にそういう歌詞があった。

 

変人を変人として面白がるのならまあ許せるというか私は好きなのだが,生い立ちまで勝手に想像して馬鹿にするのはどうか。(率直に言ってアスペルガー症候群的な傾向が見られたので,そうなったのは教育の問題ではないだろうし,現代なら面白がるだけでも許されないだろう。)

 

共演していたオール巨人や掛布が紳助の考えに同調して盛り上がるのが,如何にも醜悪だった。「男は厳しく世間にもまれてこそ一人前」・・その考えは一理あるが,自分たちをそういう意味で上等の方に位置付けて,事実かどうかも分からんのに言いたい放題ってのはいじめの構図だ。大体,世間にもまれてもモテるようにはならないのに,論点がずれている。

 

紳助のそういう考え方は,オール巨人や掛布と言った大御所には抗し難かったと思われる。「世間の荒波に打ち勝って成り上がった」ということが,確実にアイデンティティの一部なのだから。そこをくすぐって,大御所たちを手玉に取り,手玉に取っているということを広く知らしめることで,子分をも従えて番組を独裁する,ということをやってのけていたわけだ。

 

国際政治の舞台で活躍して欲しかった気はする。つい悪に手を染てしまい,結局は大物にはなれないのかも知れないが。賢くてある程度成功するものの,何か深層心理がリミッターを掛ける感じがする,という人だ。すでにそうなっているしね。

 

-----

と,ここまで書いてきて別の番組を思い出した。確か沖縄かどこかの離島で若手芸人を引き連れて何かをやるという企画だったのだが・・・あまりにも曖昧なので調べてきまらこれだった。

紳助の「プロデュース大作戦!」目玉企画 宮古島の民宿「夢来人」存亡の危機 - ライブドアニュース

これも何回かは見た。企画の趣旨は実益のあるものだけど,それとは別に,いい加減なことをやらかした若手芸人をこっぴどく叱責し,良い話の説教をして泣かせ,這い上がってこさせるという,美談風の場面があり,多分,こういうところが見どころだと思われた。

 

このパターンは,もっと昔に彼が監督をした「風、スローダウン」

風、スローダウン - Wikipedia

という映画のメイキング映像にもあった。確か西川忠志西川きよしの息子)が「お前いつまでもボンボンとか言われて悔しないんか」という意味の事を言って奮起させたり,スタッフを叱責して映画を真剣みのあるものにしたりというところが印象に残っている。

 

人情味のある教師役というのが,若いころに確立した定番スタイルなわけだ。しかし,近年では,「一旦,突き落とす」という部分がパワハラ的と取られる可能性が高い。実際,ブラック企業の洗脳の手法でもある。芸人が太っていることを自らを笑いにしている場合でさえ,それをイジることを批判される風潮になったのは,紳助の予想を超えていたのではないか。早めに引退して良かった。

中国に接収されたら

森永卓郎氏が,
--以下引用--
「私は丸腰戦略というのを提唱しています。軍事力をすべて破棄し非暴力主義を貫くんです。仮に日本が中国に侵略されて国がなくなっても、後世の教科書に『昔、日本という心の美しい民族がいました』と書かれればいいんじゃないかと」[57] と発言している。
--引用終わり--
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E5%8D%93%E9%83%8E

という発言をしていたというのが,最近少し話題になった.彼ほどの左翼でなくても,中国に飲み込まれることを前提として,頭の中身を今の内から中国シフトしようと思っている人も多い(というかうっかり自分もそう考えそうになる).でも侵略されたらどうなるか,政治に疎い私なりにシミュレーションしてみる.とりあえずマイルドバージョンで.

 

(1)侵略~占領初期
国土が荒廃するような大規模な戦闘は起こらないのではないか?日本にはすぐれた生産設備や(部下としては) 使いでのある人材が多数いるし,一応,世界に対して「侵略ではない」という強弁ができる程度にはしておくかもしれない. そして,従来の統治者を駆逐するまでは大衆の支持があった方がスムーズなので,手荒な真似はしない.でも,本土以上の監視体制は敷き,国外移住はほぼできない,という感じで始まる.

(2)初期~しばらく
大企業には共産党幹部が役員に入り込み,社員は共産党に入るがどうかの踏み絵を踏まされる.党員への露骨な優遇がなされる.おもに党員以外に対して大規模な解雇がある.しかし,党員になったら安泰かと言うとそうでもなく,面従腹背が通用しない.共産党による統治に大なり小なり協力させられ(スパイのようなことなど)て,魂を売ることになり,時間と共に日本人の間に深刻な分断が生じる.共産党に反対する者をあぶりだして「教育」し,逆らえないようにしていく.

(3)数十年先
同化政策がとられる.中国語が公用語となり,日本語は公的な場面では使用されないように仕向けられる.学術的な文書でも第一に中国語,第二に英語となり,日本語は高度・正確・論理的な表現力を失っていくので,日本人としての歴史も保存されない.その過程で時々起こっていた暴動も自然消滅する.歴史教育では,かつて日本の一地方勢力が「漢委奴国王」とかいう金印を授けられたことを根拠に,日本は有史以来中国の属国どころか,自治州だったというように歴史が書き換えられる.

 

森永氏の言うように,平和主義の心優しい民族だったと言う声が一部には出るだろうけど,歴史の流れの中では,決してそのようにならない.誰が語り継ぐというのか?語り継ぐためにはユダヤ人のようにタフになる他ないが,果たしてそれもできるんか怪しい.

森さんって・・・

オリンピック委員会の森さん、また深刻な失言してしまいましたね。
(このページの下部の全文と言われるものを引用しています)
 
ここからはかなりの部分憶測なのだが、
森さんという人は、浅田真央さんの一件しかりで、現象論に殊更注意が行く人だと思う。
 
架空の話だが、例えば、自分の講演会に黒人の参加者がたまたま多かったとする。場を温めようとして「今日は黒人の方がたくさんらっしゃいますので、少し暗い(文字通り照度が)ですな。ワッハッハ」みたいなことを言いそうなのである。まあ、現象論的に間違っていないけど、わざわざそこに着目する?!という感じか。
 
あるいは、仮に森さんがアイスクリームの移動販売をしたとする。例えば雨の日には理由は不明だがアイスクリームがよく売れるという法則を発見して、一儲けしてしまう、みたいな感じかも知れない。ある意味、有能で憎めない奴という位置付けでのし上がったのだろう。左脳より右脳が勝っている感じとも言える。
 
さて、今回の失言は
(1)女性を十把一絡げに貶めた
(2)意志決定のおおよそは会議の前になされていて会議はシャンシャン、という談合体質
にまとめられると思う。(1)はよろしくない。
 
しかし、私は(2)については懐疑的なのである。これがまるで日本独特の旧弊みたいにも言われるが本当にそうなのか?オリンピックみたいにたくさんの関係者の複雑な利害が、公明正大な会議だけでまとまるような気がしない。
 
実際、散々調整した後、微妙なバランスの上に会議を開いているのだろう。森発言の最終段落(下線付き)にあるように、そのプロセスは国際的な場数を踏んで初めて理解できるもののようだ。そして、仲間と目される女性については、「みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです」と高く評価している。
 
だが、委員会によっては、そうでない女性理事が多く、森さんは無能と評価しているのだろう。つまり「無能な女性理事」が多いのであって、「女性理事といえば無能」とは言えないわけだが、現象論的にはどちらも同じことになっていた、というのが森さん周りの環境としては妥当なところと思う。
 
問題になった部分:「誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです」
 
で連想するのが、テレビのコメンテーターである。番組が同じなら何人いても同じことを言う場合がある。今なら、森批判だろうか。結論は女性差別けしからんで同じでも、少しでも気の利いた言い回しの競い合いになる。こういう人は頭はいいのだろうが、実務レベルでは何もやっていない。
 
まあ、日本では、女性が出世するために、
偏見に耐えて実務をこなすか、格好良いことを言って頭の良さをアピールするか、の二択になっているらしい。これは大いに問題だ。
 
 
 
-------森発言全文-------
 
これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。
 
 女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。結局女性っていうのはそういう、あまりいうと新聞に悪口かかれる、俺がまた悪口言ったとなるけど、女性を必ずしも増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制をしておかないとなかなか終わらないから困ると言っていて、誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります。
 
 私どもの組織委員会にも、女性は何人いますか、7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話もきちんとした的を得た、そういうのが集約されて非常にわれわれ役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。

来年度の授業の件

オンライン授業に関しては従来からこれを積極的に推し進めるべきという論調があったし,今年度,図らずもそれが進展して結果オーライみたいな部分もないではない.しかし,実際には非常にまずい事態が生じている.
 
この流れで,来年度の教育は反転授業個別指導が軸になると思う.それが望ましいからというより,必然的にそうならざるを得ない.そう思うのは,次のような状況だからだ.
 
要するに,教室での授業に比べると,「本当に何も分かっていない」ことがある.低年次かつ数式の操作を伴う正確な理解を要求する科目は駄目である(注1).それはもう全然駄目だ.ただし,何故か?はハッキリとは分からない.
 
彼らは画面の前に居て,一体何を考えているんだろう?(注2)
大方はそれなりに真剣なのである.でも音波の伝わらない真空が間に横たわっているような錯覚に陥る.
 
前期終了時点で,ある程度その状況を感じていたのだが,後期が始まって,ある時実施したテストの結果を見て愕然とし,さすがに何とかせねばならないと考えて,個別指導に切り替えたのである.毎回,課題を提出させるのだが,これを完全に正解するまで何度でも添削して再提出させる.そのやり取りを1日の内に何回もできるのがオンライン授業(と言っても授業時間に関わらず,のべつくまなしなのだが)の特長でもある.何十人もいるので本当にしんどいが.
 
学生によっては,被害者意識すら持っただろうが,これには,さすがに効果があった.
大学生は本来もっと自律的であるべきだと思っているので,かなり疑問に思いつつも,もはや背に腹を変えられないという感じだ.今のところ,これ以外に聞く薬はない.
 
もう一つの反転授業の方だが,デジタルコンテンツが蓄積されたので,一から資料を整備するよりは,かなり敷居が低くなった.家でこれらを使って予習してもらえば,授業時間中は,課題演習+個別指導とでき,多少なりともブラック状態を緩和できるだろう・・・と期待している,というか一縷の望みをつないでいる.
 
 
注1:
科目の性質や,成績評価方法の違いにより,教員の危機感は人それぞれだ.概して言えば,知識を問う科目や文系的な科目ではあまり深刻ではない気がする.
 
注2:
学生を一つの塊で見るべきでないというのが,教育界の末席にいる私なりの理解だ.
集団としての学生は,「無能でひ弱な羊」に見える.衰退国家日本の象徴にしか思えない.しかし,特定の一人か二人でも親しくなると,それなりに芯を持っていて感心したりするものである.残念ながら今年度はそういう機会が少なかった.

自分だけ知らない?

正月早々書かなくても良い話だけど.愚痴初めである.
他人から良い評価をもらうためには,スウィートスポットのようなものにヒットしないといけない,という気がしてならない.
 
そして,多くの人には常識なのに,自分だけがそのコツを知らないのではないか?と心配する.それを人に聞いてみると,とても当たり前のアドバイスをくれはする.だけど,大事なのはそのように言葉にできる部分ではなくて,無意識の自己表現だったり,あるいはもっと広く,諸々のバランス感覚だったりするのではないか?と疑ってしまう.
 
話が一旦それる.
出展はもう不明なのだが,あるテレビ番組の中で紹介されていたオカルト医療のことを思い出した.確かこんな話である.
特殊な能力に目覚めたその医者もどきの若者が,患者を前にして眠り,寝言で処方箋を述べる.出てくる物質は○○酸のような薬品や○○虫の羽根であったりするのだが,それぞれ厳密に分量や摂取のタイミングが決められている.その通りにすると病気が治るというものだ.
おそらく,現代医学の理屈からすれば,それらの物質はでたらめなのだろう.しかし,人間の身体は大まかには誰も同じだが,厳密には一人ひとり異なるし,その時々で異なる化学過程が生じている.だから,複雑なメカニズムのある部分を絶妙なタイミングで絶妙なバランスで精密にコントロールすれば,あるいは,病気が治ることもあるのではないか?
 
要は,雑駁な理論では説明できないノウハウが存在し,自分だけがそれを知らないということもあるのではないか?ということだ.
 
かくして,森光子が若いころに詠んだように「あいつよりうまいはずだがなぜうれぬ」という不遇感を託つ(かこつ)ことになるのである.
 
そんなことを考える前に正直に努力せよ,って話もありますが.
 
後日注:
この精神状態はまさしく怪しい情報商材に引っかかるタイプですね.気をつけんと.

オンライン授業の評判

こういう記事があった.
 
意訳すると,「メディアではコロナ禍のために登校の機会が減って学生の不満がたまっていると言われているが,そういう学生は多数派ではない」とのことだ.
 
メディアがどう言っているか,その全体像はよく知らないが,この調査結果は私の大学での実感とも合う.半年間で彼らはすっかりオンライン授業に適応してしまった.と言うより,一部の学生はその楽さ加減に味を占めたという感じか.そういうとちょっと口が悪すぎるかもしれない.
 
遠い自宅から長時間かけて満員電車で通う学生もいるし,祖父母と同居しているとか,保護者が老人施設に出入りする職業であるとか,コロナ感染を避けることに殊更気を使っている学生が結構いる.それに,これだけ世の中「コロナコロナ」と騒いでいる中で,多数派の大学生が大学に集いたいと思っているはずがない.加えて,少しだけ言いたいことを書かせていただく.
 
(1)いろんな科目で課題を出されるので,それに追われまくって大変だという話
 
良いことではないが,リモート授業の方が単位は取りやすい.だから大変と言うのはちょっと・・なのである.どういうことかと言うと、教室で行う試験以外で公正な成績評価をするのは難しい(注1)という事情による.PCで長文の記述式解答を作成させるという試験形式なら,学生間やネット上の文書との類似性チェックが可能だし,教科書の参照も許可できるかもしれない.しかし,数学や物理のような科目ではそうもいかない(注2).だから,極論すれば「レポート課題を提出したら合格」とせざるを得ず,それでは学力が担保できないから,課題を多く出す,という発想になる.この件には,今のところ唯一無二の正解がない.
 
(2)「提出した課題へのフィードバックがないから不安」という声
 
リンクを挙げた記事では,昔からそういうフィードバックは少ないから,リモート授業とは関係のないことだと書かれている.それもある程度当たっている.ただ,教員にもよる.私の授業では,レポートを添削して,正解するまで何回でも再提出させることにしているので,「フィードバックがないから不安」どころではなく,「なかなかOKをくれない」といってむしろ被害者意識を持っている.どのようなやり方でも不安がったり文句を言う学生はいるということだと思う.
 
 
注1:幸い,私のいる大学では,今回は教室で試験をすることができたので大事には至らなかった.
 
注2:ネットで検索したぐらいで解けてしまう問題なんぞ詰まらない.そんな詰まらない授業をやっとるから日本の大学は駄目なんだ,みたいな批判があるが,きれいごとである.それに海外の大学のことをそれほど知って言ってるのだろうか?Maxwell方程式でもNavier-Stokes方程式でも基本的な運用に独創性を求めても意味がない.誰がやっても解法は似たり寄ったりで,解は普通唯一なので,ネットで検索しても正解できるだろう.しかし,こういう科目において技術屋として身に付けたいのは,検索能力ではなく,世界観と数式の運用能力なのだ.自由な発想とか独創性はその後の話.

プロジェクト失敗のスピーチ

新規事業ばかりを担う事業部に属したことがあった.新しいプロジェクトがいくつか走っていたが,その中の最も大きなものは,家庭排水をどうにかするという製品(敢えて曖昧に書きます)で,会社の本業である機械製造とはかなり離れたものだ.これがどうしても軌道に乗らず,結局,事業部そのものをたたむことになった.原因は頻発する不具合を遂に収拾できず,大手ユーザーから出入り禁止を言い渡されたことだ.これは前代未聞の失態だ.

 

事業部解散が決まった少し後,部員が集まって飲み会を開いたとき,件のプロジェクトリーダーをしていた部長級の人が,スピーチの中で言ったことがこれ.

 

「・・・配管に脂肪酸塩が詰まるという不具合が中々なくなりませんで・・・手を変え品を変え対策を打ってみたのですが・・・ある時,脂肪酸塩って脂肪だろ?じゃあ,加熱すれば溶けて流れるだろうってんで,ヒーターを巻くことにしたんですね.実験もやって品質保証部の〇〇さんにも『ここまでやれば大丈夫だろう』って太鼓判押してもらって,送り出したんですが,実は『脂肪』じゃなくて『脂肪酸塩』だったって落ちなんですわ・・・これは簡単には溶けません!!・・・いやはや・・・」

 

これを聞いて,文字通りめまいがした.なにそれ?部長の思い付きがとどめだったの?
プロジェクト末期にはグループの雰囲気がかなり悪くなっていたことは知っていたので,ほんとに裸の王様だったんだなあ・・くらいの感想を抱いたものだった.

 

にしてもである.この間違いに気づくチャンスは余りにも多くあった.現場からサンプルを採取・分析した技術者や部長の指示で「脂肪」の実験を担当した技術者は言わずもがな,切れ者で通っていた部長自身も固唾を飲んで見守っていたのだから違和感を感じるはずだ.要するに,事業を終わらせるための一種の狂言だったのではないか,と思うわけである.

 

事業部が解散されても部員が失職するわけではないから,成功の見込みがない部署から解放してやろう,と部長は思ったのだろう.あるいは,事業を無理やり継続する場合の部員の会社員人生を背負う重圧には耐えられない,と思ったのかもしれない.だから,最も揉めない方法として自爆したというのが今の私の推測なのである.

これでもうまくいけば,VHS開発秘話みたいになったのだが,現実はそう甘くない.